Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらから info@t-stones.net


女性の為の、子宮を癒すブレスレット

0

     

    (子宮の検査をしなければならないので、異常が無いよう

     

    女性の為の ”子宮を守るブレスレット” をオーダーしたいです。)

     

    ・・・というご依頼をいただき、

     

    ”子宮を癒す ブレスレット” 作成しました。

     

     

    中心に12ミリのブラッドストーン。

     

    名前のとおり、血液の働きを助けて毒素を取り除く石です。ポリープ

     

    が心配とのことなので、潰瘍にも良いブラッドストーンは助けになる

     

    でしょう。出血を伴うかもしれない検査らしいので、傷口からの雑菌

     

    から守る、また感染症にも良いといわれているこの石は適しています。

     

    続いて10ミリの天眼石(アイアゲート)血管を強化し子宮を癒す石。

     

    さらに10ミリのドラゴンヴェインアゲート。やはり子宮の為に。

     

    8ミリのレッドジャスパー、血行を良くして生殖器の働きを助けます。

     

    最後に10ミリのカッティングの美しいアメジスト。血液を浄化し、

     

    婦人科系のトラブルに良いと言われています。

     

     

     

    *ただし、身体的な癒し効果につきましては、医学的にはなんら証明

     

    されておりませんことをご理解ください。

     

     

    先日、検査を受けてこられたそうです。

     

    今日、ご連絡をいただきました。

     

    痛い検査と言われていたそうですが、それほどの痛みもなく出血も

     

    ほとんど無かったそうです。小さいポリープを切除、でも悪いもの

     

    ではなく、詳しい結果は一か月後だそうですが、心配無いと言われた

     

    そうです。

     

    何よりも、心が落ち着いて、ブレスレットを着けて検査に望めて本当

     

    に良かったとおつしゃっていました。

     

    良かったです。

     

     

    本や資料には、肉体的に石がどのように作用するか、細かく書かれて

     

    います。でも、医学的に証明されているわけではありません。

     

    でも”信じる者は救われる””プラシーボ効果”とでも言いましょうか?

     

    お守りのように、願いを込めて側に置いておく、身に着けるだけで、

     

    心が安定して、何かしらの効果が表れるものだと信じています。

     

     

    とても良いエネルギーを感じる組み合わせ。

     

    全ての女性に必要な石のような気がします。

     

    ・・・というわけで、今日、

     

    同じ組み合わせでショップに、

     

    ”子宮を癒すブレスレット” アップしました。

     

    http://t-stones.info/SHOP/Bl-121.html

     

     

     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    | 1/1272PAGES | >>