Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらから info@t-stones.net


”針、灸、マッサージ治療”と”お誕生会”

0

     

    月曜日、針と灸の治療を受けにロンドンまで行ってきました。

     

    針灸師のTさんが、いつもトリートメントをされているBaker Street

     

    にある"Charter House Clinic"で、受けさせていただきました。

     

     

     

    ロンドンのセントラル、そして駅から歩いてすぐのところにあるクリニ

     

    ックは、とても落ち着いた、良い気が流れるスペースでした。

     

     

    私がトリートメントを受けさせていただいたのは、こちらのお部屋。

     

    はじめにマッサージ。すごく気持ちが良かったです。

     

    仕事柄、同じ姿勢で長時間動かないことが多い。座りっぱなし。

     

    加えて、寒い昨今は、ものすごく運動不足になってます。

     

    右肩、腕にツーンとした痛みがあり、視力も落ちてきたかも・・・

     

    冬の疲れが溜まっている感じがしておりました。

     

    さすがTさん、すぐに私のこり具合やお疲れポイントを見抜き、ちょう

     

    どよい気持ちよさのマッサージ。

     

     

     

    そしてその後、いよいよ針の治療です。

     

    私は、ずっと昔に針を受ける機会があったのですが、直前になって恐怖心

     

    から、受けるのをやめた想い出があります。

     

    今回はTさんを信用して、まったく恐怖心を持たず、リラックスして受ける

     

    ことが出来ました。

     

    針はすごいですね! 刺されたところにズーンと深く入ってくる感覚があり

     

    ました。でも、全然痛さはありません。それと同時に、身体中の力が抜けて

     

    何か話そうとすると、よだれが・・・全身に広がる倦怠感、そしてじわっと

     

    したぬくもり。

     

    さらに、針の間にはお灸が・・・これがまた、身体をじんじんと温めてゆく

     

    のです。もう、天国。こんな思いをさせてもらって、感謝、感謝。

     

    本当に素晴らしいトリートメントでした。Tさん、ありがとう〜。

     

     

     

     

     

    身体が癒された後に、心も、そして舌も幸せになるひとときが・・・

     

    なんとその日はTさんのお誕生日。そんな大切な日に、マッサージや針、

     

    お灸までも、してあげるではなく、してもらった私はなんてずうずうしく

     

    ラッキーな人なんでしょう。ごめんなさい。

     

    Tさんに連れて行っていただいたお洒落なカフェで、まずはアフタ

     

    ヌーンティー。

     

     

     

    どれにしようか真剣に迷いましたが、ナッツとチョコレート。

     

    それはそれは美味しかったです。選んだ”季節のお茶”は、薔薇の香り

     

    がして、とてもエレガントな気分に・・・

     

     

    そして、素敵なサプライズがお店から。

     

    いいですねえ、Tさんのお人柄。スタッフも皆さん、良い感じでしたよ。

     

     

     

    優しくて、エレガントで素敵な針灸師のTさんとご一緒に、優雅な

     

    アフタヌーンティーのひととき。

     

     

     

    夕食は、Piccadilly CircusのZEDELというフランス料理のお店へ。

     

    以前に、エンジェルのワークショップを受けてくださった皆様と

     

    一緒にTさんのお誕生日をお祝いしました。

     

     

    私の前菜は、ミントとお豆のスープ。期待通りのお味。

     

    美味しかったです!

     

     

    Tさんの前菜、セロリアック。私も大好きなお野菜。

     

     

     

    そして、私のメインは白身のお魚です。

     

     

    デザートはチョコレートのバースディーケーキ。

     

    すっごく美味しかったです。

     

     

    素敵なシャンソンの演奏もあり。

     

     

    帰りは、久しぶりのロンドンの街を液までぶらぶら。

     

     

    でも、すっかり電車の感覚を忘れてしまっていた私は、電車の時間の

     

    確認をおこたり、皆様にご心配をおかけしてしまいました。

     

    Liverpool Streetからの電車は間に合わないと思い、Tower Hillへ。

     

    しかし、Tower Hill の駅はクローズされていて、仕方なくLiverpool

     

    Streetへ・・・

     

    それでもなんとか、12時近くに家に帰れました。

     

     

     

     

    本当に素晴らしい一日でした。

     

    Tさん、そして”宇宙の会”のメンバーの皆様、ありがとうございました。

     

    次回は、のんびり海を眺めるESSEXツアーなどいかがですか?

     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    「ワームムーン」・・・でも、英国は大寒波

    0

       

      3月は特別な月・・・

       

      春分の日があり、春が訪れるというだけではなく、今年はこの

       

      3月に2回のフルムーンがあります。

       

      1回目の満月が今日、そして2回目が31日です。

       

      今日、英国で夜7時51分に迎える満月は、「ワームムーン」

       

       

      伝統的に、月を使って季節を追ってゆくネイティブアメリカンによっ

       

      て、そのように呼ばれているそうです。

       

      それではなぜ「ワームムーン」(ミミズの月)といわれるのでしょう?

       

      この春の月の頃、地面が柔らかくなりミミズが少しづつ現れ始めます。

       

      それにより、そのミミズを餌にするロビンなどの小鳥たちが戻ってく

       

      るからなのだそうです。

       

      また、「サップムーン」としても知られています。それは、メープル

       

      の木の樹液が流れ始め、メープルツリーの今年のシロップの採取が始

       

      まる時期を示すので、そのように呼ばれているそうです。

       

       

       

       

       

      やはり、春を感じる頃なので、そのような名前の満月になるのですね。

       

      ところが・・・

       

      昨日、今日の英国といえば

       

       

      これは私の住むESSEXの窓から見た風景。

       

      今日から、春を感じる3月のはずなのに、真冬のような大寒波。

       

      昨日も今日も、英国中のスクールが閉鎖。

       

      交通にも支障をきたしています。

       

      今週の月曜日から続いているこの寒波、天気予報やニュースで頻繁に

       

      「Beast from the East」(東からやってくる残忍な獣)という言葉が

       

      聞かれています。そして、このシベリア方面から、厳しい寒さと雪を

       

      もたらしているこの「獣」が暴れている最中に、今日の夜から、さらに

       

      今度は「ストーム・エマ」(Storm Emma)と呼ばれる、猛烈に発達

       

      した低気圧も襲来するとして、さらなる注意が呼びかけられています。

       

       

       

      多分、明日もスクールはお休み。私もお店はクローズの予定。

       

       

       

       

      それでも・・・

       

      この分厚い雪雲に閉ざされようと、満月のエネルギーはあるはず。

       

      冷たい雪の下でも、ミミズたちが、もこもこと土をはんでるはず。

       

      だから、とりあえず「Beast from the East」にも、「Storm Emma」

       

      にも負けず、石たちを満月の光で浄化しましょうね。

       

       

       

       

      しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

      ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

      よろしくね。

      にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


      人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


      にっくき”Parcelforce” 英国の郵便事情 お直しのジュエリーを送られるお客様へ・・・

      0

         

        今日は、英国の郵便事情について少しお話します。

         

        というのも、今回、日本からお直しのジュエリーをお送りい

         

        ただいたのですが、ずいぶん高額の税金を課せられたのです。

         

         

         

         

         

        日本からの郵便物は英国ではRoyal Mailの管轄になります。

         

        Royal Mailは英国の信頼のおける郵便会社です。しかし、小包とな

         

        ると同じRoyal Mail のなかでも Parcelforceという会社の管轄にな

         

        ります。

         

        そして、このParcelforceという会社がなんとも悪名高い、評判の悪い

         

        会社なのです。

         

        私もこの国に来てから、何度か日本からの荷物に税金を課せられました。

         

        自分の荷物を自分に送るのに、なぜ税金を課せられるのでしょう?

         

        何度か苦い経験をするうちに、この不当な税金を逃れる方法も少しづつ

         

        わかってきました。

         

         

         

         

         

        日本からお直しのジュエリーをお送りいただく皆様にも、ぜひ知っておい

         

        ていただきたいと思い、ブログに書こうと思った次第です。

         

        海外から英国に持ち込まれる荷物には以下の3つの税金がかかるそうです。

         

        Customs Duty(関税)
        Excise Duty(物品税)
        Import VAT(輸入付加価値税)

         

        物品税はお酒やたばこにかかる税金なので、普通の荷物を送る場合には関係

         

        ありません。関税は国外で製造された製品の輸入に対する課税。

         

        輸入付加価値税とは製品の供給に対する課税とのこと。

         

        そして個人間のギフトについては36ポンドを超える場合に課税されます。

         

        税金の金額は基本的に、申告額を基準に算定されるとのことです。

         

        日本から送る皆さんは(かつて私の母もそうでした)高額に申告したほうが

         

        保険の受取額が多くなると考えて、けっこうな金額を書いてしまうようです。

         

        でもジュエリーのお直しは、買った時の金額ではなく、現在の価格、そして

         

        なるべく安価に設定していただかないと、高額の税金を課せられるリスクが

         

        高まります。

         

        また、ジュエリーのお直しなどの場合、必ず封筒に

         

        personal belongings(個人所有物)と明記してください。

         

        そうでないと贈答品、または商用の物品とみなされて税金がかかります。

         

         

        このParcelforceに痛い目に合わされた方のブログなど、けっこうあり

         

        ます。興味があればご参考に・・・

         

        https://ameblo.jp/uk-llm/entry-11480918738.html

         

        https://studyabroadlincoln.blogspot.co.uk/2016/05/063.html

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

        ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

        よろしくね。

        にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


        人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


        | 1/32PAGES | >>