Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

<天然石ジュエリー展示会> <石とともに瞑想する>   ロンドンアートギャラリーにて

10月1日(日曜日) ロンドンの住宅街にあるお洒落なお家ギャラリーで、 ”展示会"と”瞑想のワークショップ”を開催します。 詳しい内容は、新作情報のページからご確認下さい。

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問合せ

T-Stonesへのお問い合わせはこちらから


石の仕入れにBristol、そして世界遺産の街Bathへ

0

     

    新しい石に出会いにBristolに行ってきました。

     

     

    それはそれは美しい子達ばかりで、選ぶことができません。

     

    本当に、一日いても飽きない・・・わくわくが止まりません・・・

     

     

    すごく広くて、こんな廊下が5個も6個も。一階には持ちきれないよう

     

    な大きな子達が、世界中からやってきます。

     

    今回は大きなケーブは入れなかったのですが、美しい緑のアメジスト、

     

    プラシオライトの入った小さなケーブと縁を繋ぎました。

     

    近日中にご紹介しますね。

     

     

     

     

     

    お仕事の後は、世界遺産の街、Bathへ。

     

    お風呂(Bath)の語源となった、エレガント・シティとも呼ばれる美しい街

     

    です。

     

     

    Pulteney Bridge を望む風景。

     

    絵葉書のような美しさです。

     

     

    夜は、ホテルの近くのタイレストランへ。

     

    飛び込みで入ったのですが、大正解。本場のタイ人の経営する、本格的なタイ

     

    料理で、雰囲気もすごく良かったです。

     

     

     

     

    タイ風生春巻きと、シーフードプレート。美味しかったです〜。

     

     

     

     

     

     

    翌日は、朝からスパリゾートへ。写真は撮れなかったのですが、温泉のよう

     

    な暖かいプールで、すっかりリラックス。サウナも良かったです。

     

     

     

     

    リラックスした後は、Bath観光へ・・・

     

    まずは、Bath Abby

     

     

     

    続いて、Roman Baths

     

    紀元前5000年くらいまで前から、この地には温泉が沸いていたそう

     

    です。ケルト人が神殿を建て、ローマ人がこの大浴場を建設したのが、

     

    この遺跡なのだそうです。

     

     

     

     

    今でも温泉が湧き出ています。

     

     

    本当のローマ人のような女性。

     

     

    とても楽しいときを過ごさせていただきました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック