Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問合せ

T-Stonesへのお問い合わせはこちらから


まだ世界中の誰にも知られていない、英国産の新しい石 「シャーナイト」

0

     

    以前に、水晶の四神獣のブレスレットをオーダーしてくださった英国

     

    人の女性。先日、再び、来店してくださいました。

     

    今回はヌーマイトのブレスレットとご縁をいただきました。

     

    石について彼女と話していると、隣にいたパートナーの男性が、

     

    「きみに、まだ世界中で誰にも知られていない石を紹介するよ。」

     

    と、突然・・・

     

    「僕が採掘した石なんだ。」そういってバックから、ひとつの石を取り

     

    出しました。

     

     

    ぱっと見て、すぐにパイライトが入っているのがわかりました。私が

     

    そのことを告げると、パームツリーをベースに、パイライトとマーカ

     

    サイトが混入しているそうです。オックスフォード大学できちんと鑑定

     

    してもらったそうです。化石に近いもので、今から50億年くらい前で

     

    その頃には、この英国にも火山があったとか。

     

     

    一見すると木のようにも見えるので軽そうですが、持って見ると、ずっ

     

    しりとした重みがあります。

     

     

    「もし、きちんと認可されて世に出たら、ここESSEXが産地になる

     

    んだよ。」と、嬉しそうに言っていました。

     

    私が、なんという名前の石になるんですか?と尋ねると・・・

     

    「シャーナイト」

     

    「パートナーのシャーロンから付けた名前だよ。」

     

    隣で、私のブレスレットを着けた彼女が嬉しそうに微笑んでいます。

     

    素敵!自分で発掘した石に、大好きな人の名前をつけるなんて。

     

    ものすごく彼女が羨ましくなりました。

     

     

    そして、

     

    「これは君にプレゼント。周りのヒーラーの知り合いに、モニターに

     

    なってもらってフィードバックを聞かせてもらっているんだ。」

     

    なんだか、どっしりした、とても安定したエネルギーを感じます。グラ

     

    ウンディングに良さそうです。気管支にも良い様な気がします。

     

    今、たくさんのシャーナイトをユーカリの木の上に乗せて浄化している

     

    のだそうです。写真を見せてくれました。

     

    私が、ユーカリは喉に良いハーブなので、パイライトの入ったこの石に

     

    すごく良いと思うと言うと、嬉しそうでした。

     

    次回は小さなシャーナイトをいくつか手に入れて、T−Stonesでも、

     

    皆さんからモニターを募りたいと思っています。

     

    なんだかわくわくします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック