Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

<天然石ジュエリー展示会> <石とともに瞑想する>   ロンドンアートギャラリーにて

10月1日(日曜日) ロンドンの住宅街にあるお洒落なお家ギャラリーで、 ”展示会"と”瞑想のワークショップ”を開催します。 詳しい内容は、新作情報のページからご確認下さい。

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問合せ

T-Stonesへのお問い合わせはこちらから


ケルトのお守りブレスレット ジュエリーレッスン

0

     

    T様が、ロンドンからジュエリーレッスンにいらしてください

     

    ました。土曜日で、電車の事情が悪く、大変ご迷惑をおかけして

     

    いまいました。でも、お一人のプライベートレッスンだったので、

     

    のんびりペースで、ゆっくり楽しみながらブレスレットをお作り

     

    いただけたと思います。

     

    こちらが当日、できあがったT様の作品です。

     

     

    ラピスラズリを使って、お守りになるブレスレットをお作りになりた

     

    いとのこと。保護作用の高いオニクスを入れました。さらに、直観力

     

    を高めるラブラドライトの一種、ラルビカイトをプラスされました。

     

    初めてのジュエリーレッスンとのことでしたが、とても手際が良く、

     

    素晴らしい仕上がりになりました。

     

     

    お時間が許せば、ネックレスのコースも同日にお受けになりたいとの

     

    ことでしたが、電車の都合もあり、今回はブレスレットのみ。

     

    次回は同じ石の組み合わせで、チャリスウエルのパーツを組ませた

     

    ネックレスに挑戦されたいとのこと。私も楽しみです。

     

     

    この日は、なんだかとても不思議な日でした。

     

    何かにコントロールされているように、いろんなことがスムーズに運

     

    ばなかったのです。通常なら土曜日も、きちんと動いているはずの電車

     

    が止まったり、連絡が上手く取れずにあせったり。

     

    私自身もトラブルで、朝からちょっとパニックぎみでした。

     

     

     

    最後に、レッスンのあと、T様にワンオラクルでルーンを引いてもらい

     

    ました。なんと、現れたのは「ユル」のルーン。

     

    ちょっと言葉をにごして

     

    「再生のルーンだから、新しいはじまりでもある・・・」と言いましたが、

     

    ユルはまぎれもなく滞りのルーン。タロットカードの死神を意味します。

     

    T様のワンオラクルの質問は、「今日は、どんな一日でしょうか?」と

     

    いうことだったので、まさしく言い当てていました。

     

    でも、そんな障害もありながら、素晴らしいお守りのブレスレットをお

     

    作りいただいたので、やはり良い日だった、って言えますよね?

     

    とても楽しい時間をありがとうございました。

     

     

     

     

     

     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック