Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ワークショップ、展示会

魔女とシャーマンのワークショップ 日時:2018年9月9日       13:30〜15:30          会場:The Charterhouse Clinic  定員:10名様限定         会費:45ポンド(お土産付き)                        T-Stones 展示会         日時:2018年10月27、28日    12:00〜19:00          会場:Cafe Roomer 東京都世田谷区祖師谷1-34-5 TEL 03-3484-7254

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらから info@t-stones.net


古代アトランティス大陸において、錬金術的な手法によって作られた アクアオーラ

0

     

    先日、訪れた仕入先で一目ぼれした子です。

     

    アクアオーラ・・・

     

    実は以前、どうしても、この科学的な色をした水晶が好きになれ

     

    ませんでした。

     

    でも、(天然の水晶に科学的に金を蒸着させるというのは、錬金術

     

    の手法に通じるものがあり、しかも、このアクアオーラは古代ア

     

    トランティスの時代に作られていたという・・・)事を知ってから

     

    俄然、好きになり、今ではこの神秘的で美しい色合いにすっかり

     

    魅了されています。

     

     

    今までに、何個かアクアオーラを巻きましたが、こんな風にクラスタ

     

    ーになっているアクアオーラは初めてです。その形の美しさに、一目

     

    ぼれ・・・この子をネックレスにしたい!と思いました。

     

     

     

    現在は工場で、人工的に金を蒸着させているのでしょうが・・・

     

    その昔、例えばアトランティスの時代には、どうやって作られていた

     

    のでしょう。

     

    水晶のケーブに、ひっそりこもった黒いマントを着た錬金術師が、手に

     

    持ったワンドを一振りすると・・・

     

    ケーブの中の全ての水晶クラスターが、一瞬にして鮮やかなブルーに。

     

    なんてイマジネーションが沸いてきます。

     

     

    同じくアクアオーラの丸玉と、同じく合成石のオパライトを組ませま

     

    した。光に当たると、キラキラと輝きます。

     

    直感やインスピレーションを刺激するので、アーティストにも良い石

     

    だそうです。この石を眺めていると、色々な映像が自然に浮かび上が

     

    ります。とても芸術性を刺激する石のようです。

     

    また、浄化作用の強い石なので、オーラの汚れを綺麗にして、あらゆ

     

    る幸運を引き寄せてくれます。金が蒸着されていることにより、金運

     

    も引き寄せるそうですよ。

     

     

    こちらから、ご覧下さい。

     

    http://t-stones.info/SHOP/Ra-392.html

     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック