Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらから info@t-stones.net


コテージでのルーン占い

0

     

    コテージでのヒーリングをご希望のクライアントさんが、ロンドン

     

    から、いらしてくださいました。

     

    O様は石がお好きで、T-Stonesのブログもご覧いただいてるとの事

     

    嬉しいです。

     

    3人のお子さんと、日本からいらしている妹さん、全部で5名さまで

     

    おいでただきました。

     

    コテージのあるOld Leighは、人気のエリアで、週末はたくさんの

     

    人が訪れます。すぐに駐車場がいっぱいになってしまうので、それが

     

    一番悩みの種です。なんとか空きを見つけていただけて一安心。

     

     

     

     

    お子さんのスクールの後でおいでいただいたので、ご到着は夕方7

     

    時過ぎでした。それでもコテージは夜までお使いいただけます。

     

     

     

     

    ヒーリングのご用意もしてありましたが、お時間の都合で今回は

     

    妹さんのみがセッションを受けられることに。

     

    妹さんはルーン占いがご希望でした。

     

     

     

     

     

    それでは、ということで、

     

    3階のアティック(屋根裏部屋)にご案内。

     

    心地よい風が入る南向きの日当たりのよいお部屋です。

     

    この日は残念ながら潮が引いていて、海があまり綺麗ではなかったです。

     

     

     

     

     

     

     

    ルーン占いは・・・

     

    ルーンの意味をお伝えした後、妹さんの性格やお生まれのルーンをお伝え

     

    してゆきます。天分個性学の性格とルーンの持って生まれた資質、両方か

     

    ら拝見すると、その方の本質がいろいろと見えてきます。

     

    ルーンの内容については、ここでは詳しく触れられませんが、

     

    その方の深層心理が現れるので、いつもルーンはすごいなあと思います。

     

    占い師が、ではないですよ。

     

    私は占い師というよりルーンキャスターなので。

     

    石を投げて、ルーンが伝えるメッセージを読み取っているだけです。

     

    なにかしらの気づきがあったようです。

     

    妹さんのこれからの人生の、ちょっとしたアドバイスとして受け取って

     

    いただけたらと思います。

     

    ルーンは占いだけではなく、ルーンの文字自体に強い力があるので、

     

    お守りとしてお持ちいただくのもよいです。

     

    タリズマンもおつくりしています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック