Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらから info@t-stones.net


癒しのエネルギーが非常に高い、それはそれは大〜きなスギライトのネックレス

0

     

    埼玉県にお住まいのO様から、スギライトのネックレスのオーダー

     

    をいただきました。

     

    O様の奥様は深刻なご病気を抱えていらっしゃいます。

     

    前回は、奥様のためにスギライトのブレスレットをお作りしました。

     

    他にも、英国人のお客様からやはりスギライトの注文があり、今回、

     

    いくつかのタンブルをお探ししました。

     

    その中で、一番大きく、色も明るく美しいパープルのスギライトを

     

    O様はお選びになりました。

     

    こちらがO様の奥様のためにお作りした

     

    ”癒しのエネルギーが非常に高い、それはそれは大〜きなスギライト

     

    のネックレス” です。

     

     

     

         

     

    スクエアのスギライトのタンブル、綺麗に磨かれているのでカボッシ

     

    ョンに近いです。こんなに明るく、美しいパープルのスギライトは、

     

    あまりお目にかかれません。とにかく大きいです。

     

     

    大きなスギライトの隣に、10ミリの’カッティングのアメジスト。

     

    心配、おそれ、不安から守ってくれる、守護霊を強化する石です。

     

    血液を浄化し、解毒作用があります。

     

    続いて10ミリのレピドライト。やはり不安を取り除き、精神の安定

     

    をもたらします。安眠を促し、解毒作用が期待できます。

     

    12ミリの翡翠を2個づつ。保護作用が高く、ネガティブな感情から

     

    守ってくれます。腎臓、副腎、脾臓に良い石です。

     

    8ミリのタンザナイト。緊張をほぐし、ストレスを発散させ、意識を

     

    高次元に導く石。体内の毒素を排除するといわれています。

     

    10ミリのエメラルド。ストレスを取り除き、イライラを鎮めます。

     

    肝臓に良く、解毒作用があり、自然治癒力を高めます。

     

    8ミリの水晶の間に、淡い色合いのオーバル型のエメラルド。


    12ミリの水晶の両サイドに8ミリのスギライトを2個づつ。

     

    そして8ミリのキャストライト。O 様がご希望されていた石です。不

     

    安や恐怖を取り除く保護作用の高い石。癌など遺伝子異常から起こる

     

    病気から守ってくれます。

     

    最後に8ミリと6ミリのスモーキークォーツ。不安や恐怖心、。

     

    喪失感から心を解き放ちます。

     

    生きる希望をもたらし心の強さを養います。
     

     

    スギライトのブレスレットとともに、O様の奥様の良きパートナーと

     

    なり、一日も早く奥様が回復されますよう・・・

     

    英国からお祈りしております。

     



     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック