Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらから info@t-stones.net


✨キラキラ✨サンキャッチャーのネックレス

0

     

    何度かESSEXのお店を訪れてくださるお客様、Janice.

     

    先日は、ブレスレットをオーダーしてくださいました。

     

    ミックスの色のビーズのブレスレットを持っているんだけど、

     

    同じイメージで全部石で作りたいとの事。

     

    二人で色から石を選びながら、お作りしたのがこちら。

     

     

    健康を気にしている彼女に、まずは大きめのガーデンクォーツ。

     

    そしてお気に入りの石、ユナカイト。他に組ませていったのは、

     

    カーネリアン、サンストーン、オレンジアベンチュリン、タイガ

     

    ーズアイ、レッドタイガーズアイ、モスアゲート、トルマリン、

     

    などなど・・・

     

    ガーデンにカーネリアンはあまり組ませないのですが、本人のご希望

     

    なので。ちょっとエネルギー的には、バラバラな感じですが、ご本人

     

    がとても気に入っていらっしゃるので。

     

     

    パワーストーン、でもジュエリーです。

     

    ご本人が、ファッション的にご自身の好みから選んで着けられたら

     

    それはそれでよろしいと思います。そんな時には、あまり詳しくエ

     

    ネルギーについて説明しません。

     

    でも、彼女はスピリチュアルな人で、私の霊気の生徒でもあります。

     

    少しづつ、石と縁を繋いでいるので、また何か感じたらおっしゃって

     

    くれると思います。

     

    まずはご自分の好きな石を選んで、コンタクトを取っていただくこと

     

    が重要です。

     

     

     

     

    もう一つ、彼女が持ち込んだサンキャッチャー。

     

    キラキラで大きなハート型です。これをネックレスにしたいとの事。

     

    合わせるのは水晶が良いでしょう・・・

     

    こちらです。

     

     

    すごく大きくて重いので、細いチェーンが耐えられるか心配でしたが、

     

    ご本人のご希望で、細めのチェーンにしました。

     

    全て水晶に、ラインストーンのパーツが組ませてあります。

     

     

    先ほど、お店に受け取りにいらっしゃいました。

     

    胸に当ててみると、すぐに光を反射して、綺麗な虹が現れました。

     

    彼女は、

     

    (これはハートチャクラにいいのよ。)と、嬉しそうにおっしゃいました。

     

    そこで私が、

     

    (サンキャッチャーが光をキャッチして、周りの人すべてに虹の光を与

     

    えるのですね、素敵です。)

     

    というと、すごく嬉しそうに微笑んでうなずかれました。

     

    霊気の光と共に、周りのすべての人に、明るい光を与えてあげてくださいね。

     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック