Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらから info@t-stones.net


枕の位置を”風水”で確認・・・

0

     

    ”風水”、詳しいわけではないのですが、やはりちょっと気になってます。

     

    今のお家に引っ越してから、どちらに枕を向けるか悩んだので、ググっ

     

    てみたところ・・・

     

    (嫌われがちな北枕ですが、地球の磁場に沿った方向なので良い。)

     

    と書かれていたので、ずっと北枕で寝てました。

     

     

     

     

     

     

    ところが最近、なぜか良く眠れず・・・・

     

    寝つきは良いのですが、夜中や朝方に目が覚めてしまいます。

     

    なんとなく、枕の位置が気になりだして、再度ググってみたところ。

     

    このサイトです。

     

    http://xn--1rwv38egtdetd.co/%E6%9D%B1%E6%9E%95-%E8%A5%BF%E6%9E%95-%E9%A2%A8%E6%B0%B4/

     

    な、なんと、生まれ年によって枕のベストな向きに違いがあるようです。

     

    そして、私の生まれ年から調べたところ、な、なんと、

     

    良いと信じていた北枕は、私にとっては”大凶”!!

     

    エネルギーを吸い取られる方位と判明。

     

    そこで昨日、早速にベッドの位置を変えることにしました。

     

    中吉といわれている”西枕”にしました。

     

    風水では”天医”と呼ばれる癒しの方位なのだそうです。

     

    まだ現役で仕事を頑張っているので、太陽に向かう東向きでやる気を

     

    出すのも良いかとも思ったのですが・・・

     

    どうやら東は私には、”小凶”でもあり。

     

    よく眠れて、生活がゆったりするという癒しの”西枕”が、私には良いよう

     

    なんです。

     

    昨日寝てみて、やはり朝方目が覚めてしまいましたが、なんとなくゆった

     

    りした気分で寝れたような気がしてます。

     

    やっぱ、”風水” 大事です。

     

     

     

     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    コメント
    貴子さん大変ご無沙汰しています。ブログはずっと拝見しています。まだまだ気力の無い日々でして・・・
    風水は私も学びたいと以前から思っています。我が家も春に引越しましてやオール電化になったからいろいろ気にかかります。またブログでも聞かせてくださいね。
    • 範子。A
    • 2018/11/10 8:36 AM
    範子様
    コメント、ありがとうございます。ブログ、ご覧いただいているとの事、嬉しいです。
    お気持ち、お察しいたします。一日も早く元気になってくださいますよう、石たちが守ってくださいますよう....
    風水、私も勉強不足ですが、石と同様に目に見えないエネルギーなのだと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    • Takako
    • 2018/11/11 1:28 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック