Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらから info@t-stones.net


旦那様のブレスレット 肺に良い石

0

     

    埼玉にお住まいのK様から、ブレスレットのオーダーをいただき

     

    ました。肺の具合がお悪い旦那様の為に、癒しのエネルギーのブ

     

    レスレットをお作りになりたいとの事です。

     

    生年月日から旦那様の性格を拝見し、性格に合う石を選び、さらに

     

    肺を癒す石で組み合わせてあります。

     

     

    ちょっと写真が暗いですが、実際の石はもっと美しく輝いております。

     

     

     

    中心に12ミリの美しいガーデンクォーツを2個。長寿と癒しの水晶です。

     

    どこにいても庭園に静かに座っているような穏やかな癒しを与えてくれ

     

    ます。左手に着けることで、ネガティブなエネルギーから守ります。闘

     

    病生活の間、治療に向かって前向きになれるよう応援してくれます。1

     

    0ミリのスギライト。癒しの3大石の一つで、癌に良いと言われています。

     

    素晴らしい癒しのエネルギーを持ち、ネガティブな思いから持ち主を守り

     

    ます。自然治癒力を高めると言われています。10ミリのレインボークォ

     

    ーツ、夢と希望を与える水晶です。純粋なエネルギーを持ち、癒しの効果

     

    があります。

     

     

    12ミリのブラッドストーン、癒しの効果が高く、強力な活性作用を持ち、

     

    生命力を高めます。血液を綺麗にして、毒素を取り除きます。10ミリの

     

    トルマリン、ご主人の性格に合う石です。衰弱した精神を強化して、身

     

    体の活性化を図ります。ヒーリング効果に優れ、神経系の老廃物を取り除

     

    き、肉体を健康にします。

     

     

     

    10ミリのスモーキークォーツ、ご主人の性格の方の健康に良い石で、ストレ

     

    スを取り去ります。恐怖を克服し、生きる希望をもたらします。鎮痛作用が

     

    あり、腹部の不調に良いと言われています。10ミリの水晶。生命力を活性化

     

    させ、新陳代謝を活発にし、細胞の再生、免疫力を高めます。8ミリのクリソ

     

    コラ、肺の問題に対処し、血液と肺の細胞構造に再び酸素を送り込み、肺機能

     

    と肺活量を高めます。最後に10ミリのプレナイト、穏やかでありながら、全体

     

    の調和を保つ大切な石です。肉体の消化吸収機能を高め、肺を癒す石です。

     

     

    ブレスレットはセージで浄化して、霊気のエネルギーを込めました。

     

    昨日、英国から旦那様の元へと旅立ちました。

     

    無事にお手元に届きますように・・・・

     

    旦那様の良きパートナーとなり、お守りとなってくださいますように。

     

    一日も早く元気になられますよう、英国からお祈りしております。

     

    ご縁に心から感謝。

     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック