Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらから info@t-stones.net


レジンのお教室 お庭のお花で・・・

0

     

    今日は、レジンのジュエリーレッスンを受けに、

     

    ロンドンからU様がいらしてくださいました。

     

    U様は、以前にロンドンで展示会をで主催したときに、色々と

     

    助けていただいた方です。4年ぶりくらいの再会でした。

     

    レジンに興味を持って、サイトを探していてT-Stonesを思い出して

     

    くださったとのこと。嬉しいです。

     

     

     

     

     

    レジンは、Punctuallyというブランドでミンネに載せているのですが、

     

    時計のパーツを使ったシックなイメージのスチームパンクジュエリー

     

    です。

     

    https://minne.com/@t-stones

     

     

     

     

     

     

    U様はお花が大好き、ガーデニングが大好き、なので、

     

    お庭のお花をドライフラワーにして、レジンのジュエリーにされたい

     

    との事です。素敵なアイディア!

     

     

    右はレースの字模様のペーパーに、ラベンダーのドライフラワー。

     

    ローズクォーツのカボッションが2個。キラキラのラメが入っています。

     

    左はアンティークゴールドのベースに、紫陽花のドライフラワー。

     

    シックな色合いが本当に素敵です。

     

     

    レジンを使ったジュエリーは、コツさえつかめば、どなたでも

     

    比較的、簡単に作っていただけます。

     

    レジン液で固めるのは、何でもご自分の好きなもの。

     

    ご自身のイメージでどんな風にもアレンジが可能です。

     

    私の作るPunctuallyのジュエリーは、ちょっとシックな落ち着いた

     

    アンティーク調のイメージですが、U様の作るジュエリーは、

     

    シンプルで上品で、なんだかホッとする優しさがあります。

     

    レッスンでお教えするのは、レジンの扱い方。

     

    あとはご自身のセンスでお好きな作品を仕上げてください。

     

    すっごく楽しいですよ。

     

     

    チェーンをお付けして、仕上げたネックレスを着けて行かれました。

     

    ご自身のお庭で育てたお花を使って、ご自身でデザインして作られた

     

    オリジナルのジュエリー。

     

    とてもお似合いです。

     

    ジュエリー作りは初めてとは信じられないほど、素晴らしい出来栄え

     

    です。

     

    U様、今日は本当にありがとうございました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック