Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

T-Stonesのブログへようこそ

T-Stonesのジュエリーデザイナー、 Takako Pageです。英国のESSEXで、パワーストーンのオリジナルジュエリーをお作りしています。ESSEX Battlesbridge Antiques Centreにお店があります。英国での日々の生活、石にまつわることをブログでお話ししています。T-Stonesのウエブショップへは、ブログ上部のT-stones Shopからお入りください。英国でしか手に入らない、珍しいレアストーンを使ったオリジナルのジュエリーが好評です。 プロフィールは右側のカテゴリーのプロフィール欄からご確認ください。

お問合せ

T-Stonesへのお問い合わせはこちらから


イギリスでは、海にも馬がいる・・・

0

    昨日、突然、海を見に行こう、と思い立ち・・・

    何度か行っている、Lee- on-seaや Southendではなく、

    ESSEX で一番きれいと言われている Frinton on seaまで

    車を走らせました。



    一番綺麗な砂浜と言われているだけに、ごみひとつ落ちてません。

    ちょっと曇空だったのが残念。晴れていたら、もっと綺麗なのに。

    波がなく、とても静かな海岸線。

    あらゆるところに美しい貝殻が落ちていました。



    のんびり浜辺に腰かけて、海を眺めていました。

    やっぱり海は癒される〜



    立ち並ぶビーチハウス。

    それぞれにオーナーが好きな色でビーチハウスをペイント。中にはテ

    ーブルやイス、簡易式のベッドなどが置いてあり、夏になるとオーナー

    さんたちが遊びに来ます。



    おどけた顔したかもめちゃん。

    私達のランチボックスのサンドイッチをおすそ分け。

    どんどん数が増えて、大変なことに・・・








    英国の海には、馬がいました・・・



    海を背景に白い馬・・・なんて美しいのでしょう。

    英国ならではの風景です。



    英国では、よく"Horses"と書かれた大きな車を見かけます。

    その大きな車に愛馬を乗せて、どこにでも連れてゆきます。

    犬を連れて山を散歩するのと同じ感覚で、馬を連れて海辺を散策する

    のです。なんか、本当に英国らしい・・・




    海岸を走る姿が、すごくかっこいい。

    私も馬に乗ってみたくなりました。












     

    しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

    ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

    よろしくね。

    にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


    "Dorchester Hotel の英国式本格アフタヌーンティー"と"オペラMagic Flute"

    0

      英国の本格的なアフタヌーンティーを、格式あるDorchester Hotelで

      味わってきました。



      それはそれは、本当にリッチなひとときでした・・・

      風格のあるこのホテルには、ミッテランの5つ星のレストランも入って

      います。とにかく、お洒落で優雅なホテル。

      アフタヌーンティーの前に、バーでオレンジジュース。

      添えられたオリーブとナッツのおいしかったこと・・・



      本格的クリームティーの最初は、サンドウィッチ。



      私のチョイスは、スモークサーモンとクリームチーズ、きゅうりと

      ミントとディル、トマトとバジルとモッツアレラ、エッグサンドの4

      種類。お上品なお味でした。

      お茶は,ラプサンスーチョン。



      パイナップルとなんとかのムーズ。おいしかったです。



      いよいよスコーン。クロテッドは格別。スコーンも優しい味です。

      でも、もうほぼお腹がいっぱいで、2個のサーブでも1個しか食べれ

      ませんでした。



      なのに、さらにさらに、美しいケーキたちが・・・

      とても入らないので、こちらは全てお持ち帰り。

      英国人のマダムたちは、みなさんシャンパンを片手にすべて余裕でお召

      しあがりになってました。

      ピアノの演奏が流れる中、本当にゆったりした素敵な時間。

      いつもクリームティーしか味わったことのない私にとって、最高に贅沢

      なお茶の時間でした。






      それからホテルで着替えて、2,3時間ですぐにディナー。

      まだまだお腹が空かないので、ホテルの近くをぶらぶら。

      素敵な石のお店を発見。

      ディスプレイもなかなかでした。



      ちょっと綺麗な石ちゃんと縁をつなぎました。

      なんの石かはヒ、ミ、ツ。




      さてさて、いよいよ、本日のメインイベント。

      The Magic Fluteのオペラです。



      私は今から25年くらい前に、オーストリアでこのMagic Fluteのオペ

      ラを見たことがあります。何度も変わる美しいステージとカラフルな衣

      装に息をのみました。



      コロシアムは本当に美しい劇場です。



      一度は座ってみたいボックス席。



      思っていたよりモダンでした。オーストリアで見たときとは全然違う

      内容で、現代風にアレンジされていました。

      どちらかというと、私はトラディッショナルなほうが好き。

      でも、それなりに興味深いステージでした。

      前面のオーケストラが演奏するモーツアルトの曲の素晴らしかったこと。

      本当に感動的でした。



      最後に、ホテルのバーでブラッディマリーをいただきました。

      後で聞いたら、あららびっくり!のお値段でしたが・・・

      それなりにすごく満足。







      英国らしい、伝統的で古風なイメージの、すごく居心地の良い

      ホテルでした。



      フルーツたっぷりのブレックファーストにも大満足。





      本当に最高の一日でした。

      また行きたい。

       

      しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

      ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

      よろしくね。

      にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


      人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


      Victoria & Albert Museum

      0

        久しぶりに、ロンドンの V&A Museum に行ってきました。

        昔からロンドンの中で、私が一番大好きなミュージアムです。

        美しい絵画はもちろんですが、時代にあわせたコスチュームや

        何と言ってもジュエリーが素晴らしいミュージアムなんです。



        彫刻やオブジェなど3Dのアートもすごいです。

        ニューエイジの作品もいっぱいあります。



        ケルティック十字のオブジェ。

        ケルティッククロスは、見つけると必ず写真撮ってしまいます。



        どうやって運び込んだの?と思えるような壮大な彫刻。

        本当に美しいです・・・






        かんじんのジュエリー、写真を撮ろうとしたら、

        (ここは撮影禁止ですよ)と、怒られました・・・

        博物館クラスのジュエリーを模倣するほどの腕はありませんが・・・

        とりあえずジュエリーのすばらしさは、皆様、一度足を運んでみて下さい。





        こんなドレスを優雅に着ていた時代があったのよね。

        今でもすごくお洒落だと思う・・・





        ヴィクトリアン時代のレディになりたくなります。





        最後に、素敵、と思ったチェンバロ。





        とても素敵な時間を過ごすことが出来ました。

        いつ来ても V&A Museum はやっぱりいいです。

        もっともっとゆっくり見ていたかったけど、暗くなる前に・・・

        また来ようっと。

        しばらくお休みしていた”にほんブログ村” また参加しました。

        ポチッとクリックしていただくと嬉しいです!!

        よろしくね。

        にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ


        人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログランキング


        << | 2/30PAGES | >>